現在使っているRedmineは2.3だが、3にアップグレードしてみた。
結論はRedmine2対応のプラグインが3では対応でないことが多いので、アップグレードはもう少し待ったほうがいいかもしれない。

とりあえず、アップグレード手順だけまとめておく。
OSはUbuntu 14.04 LTSでウェブサーバーはapache2.4を使用。
アップグレード前にウェブサーバーを停止させておく。

次に、最新のredmine3をダウンロードする。
ちなみに、redmineは/optにインストールする。
古いredmineは/opt/redmine-2.3.1にインストールされているものとする。

Redmine2から3へ以下のファイルをコピーする。

使っているプラグインがある場合はRedmine3のpluginsディレクトリにコピーする。
ただし、3に対応していないプラグインはあきらめて移行しない。

セッショントークンを生成する。

DBマイグレーションを行う.

プラグインがある場合はプラグインのDBマイグレーションも行う。

キャッシュとセッションファイルをクリアしておく。

apacheを再起動する。

Redmineにブラウザでアクセスして、ちゃんと動作しているか確認する。




Linuxで普通にext4などでパーティションを作成すると、後でディスク容量が不足した場合、サイズを大きくすることができない。
LVMは複数ディスクを束ねることによってディスクサイズの拡張、縮小を行うことができる技術である。

以下の手順は/varのファイルが圧迫してディスクがフルになりそうになったとき、/var以下を新たに追加したディスクに移す手順である。
(作業はシングルユーザーモードで行ったほうがいいでしょう。)

まず、物理ディスクを追加するか、VirtualBoxなどのVMの場合は仮想ディスクの追加を行う。

物理ディスク追加後、Linux上では以下のようなパーティションになるものとする。

デバイス 説明
/dev/sda1 Linux ルートパーティション
/dev/sda2 Linuxスワップ スワップ
/dev/system/var Linux LVM /varパーティション

新規に追加したディスクは/dev/sdbとして認識されるのでLVMパーティション/dev/system/varとして設定する。

1 追加したディスクにディスクラベルを作成する。

2 LVMコマンドをインストールする。

3 PV(Physical Volume)を作成する。

4 VG(Volume Group)をVG名 systemで作成する。

5 system VG上にLV(Logical Volume)をLV名 varで追加したディスクの容量いっぱいのサイズで作成する。

6 LVにext4ファイルシステムを作成する。

7 作成したLVパーティションをext4でフォーマットする。

8 /varに作成したLVMパーティションをマウントして、/var以下のファイルをコピーする。

9 UUIDを取得して、fstabにマウント情報を設定する。

再起動して追加したディスクがマウントされるか確認する。




巷ではDockerが話題になっているが、Cent OS7で導入されたsystemd-nrespownにも軽量コンテナを作成する機能がある。
ということで試してみた。

軽量コンテナを作成する前に、GrubのAudit機能をオフにする必要がある。
まず、/etc/grub.confファイルを以下のように編集する。

GRUB=CMDLINE_LINUXにaudit=0を追加する。
ファイル編集後以下のコマンドでGrubを再構成し、再起動する。

次に軽量コンテナディストリビューションを/srv/mycontainerに作成する。

/srv/mycontainerの軽量コンテナを起動し、パスワードを設定する。

軽量コンテナをデーモンモードで起動してみる。

軽量コンテナをサービスとしてsystemdに登録する。

サービスとして起動。

systemctl statusコマンドでコンテナ情報を表示する。

machinectl listコマンドで登録コンテナリストを表示する。