Cent OS7でsystemd-nrespownで軽量コンテナを作成する





巷ではDockerが話題になっているが、Cent OS7で導入されたsystemd-nrespownにも軽量コンテナを作成する機能がある。
ということで試してみた。

軽量コンテナを作成する前に、GrubのAudit機能をオフにする必要がある。
まず、/etc/grub.confファイルを以下のように編集する。

GRUB=CMDLINE_LINUXにaudit=0を追加する。
ファイル編集後以下のコマンドでGrubを再構成し、再起動する。

次に軽量コンテナディストリビューションを/srv/mycontainerに作成する。

/srv/mycontainerの軽量コンテナを起動し、パスワードを設定する。

軽量コンテナをデーモンモードで起動してみる。

軽量コンテナをサービスとしてsystemdに登録する。

サービスとして起動。

systemctl statusコマンドでコンテナ情報を表示する。

machinectl listコマンドで登録コンテナリストを表示する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です